「言ってみるもんだね」が叶うISAHAYAのリフォーム

諫早建設株式会社

電話でのお問い合わせはこちら 042-343-7890

リフォーム現場ニュース

床板の補修の話②

門倉です。

前回はクレヨンによる補修をより効果的に使うためのクリアスプレーのお話をしました。

 

今回は、
床の色が剥がれてしまった時の対処法。

まず登場するのは、おなじみクレヨン。

クレヨンはが得意なのは床の 表面に凹みや傷がある場合です。
なので、逆に凹みや傷がないと、塗っても簡単に剥がれてしまいます。

 

そんな時に使うのが水性塗料。

ポイントは、 同じような色を数本買ってきて混ぜること。

 

要は絵の具と同じで、混ぜ合わせながらその床に近い色を作り塗っていきます。

 

塗料なので、 クレヨンのように剥がれ防止の塗装する必要もなし。 水性なので、 万が一失敗しても、スグに拭けばまた塗りなおせる。 ツルツルな床の補修には、 水性塗料がオススメです。

※もちろん、仕上がりに不安な方はプロにおまかせいただければ安心だと思います。

 

慣れている方でしたら、材料はホームセンターでも売っていますので、 試してみるのもよいかと思います。 先程もお伝えしましたが、水性なので万が一失敗してもスグ拭けば元には戻ります。

 

床の補修の話はこれで一旦終了、なにか気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

床板の補修の話①

 

床板の補修で有名なのは、
ホームセンターにあるような床材用のクレヨン。

クレヨンは、簡単にできる一方で、
水に濡れたり、拭いたりすると落ちてしまうことがあります。

そこで、
プロのワザ。

「クリア(透明)のスプレー」

 

クレヨンで色合わせをした床に、
つや消し、つやありに気をつけながら、スプレーを噴霧。

透明の膜を張ることで、
色が落ちにくくなるのです。

ちょっとのひと手間ですが、
長く住まう、長く使う床ですので、とっても大切なひと手間です。

Top