「言ってみるもんだね」が叶うISAHAYAのリフォーム

諫早建設株式会社

電話でのお問い合わせはこちら 042-343-7890

実例集〔愛犬のための増築〕

 

大切な愛犬が快適にお留守番できる部屋をつくってあげたい。


今回は「お家のお庭側に愛犬が快適にお留守番できるスペースを増築したい」という
11年前にご新築させていただいたお客様からのご依頼をご紹介します。

 

 

新居へのお引越しと一緒に家族の一員となった愛犬のミツカちゃん(♂のバセンジー)は、

打ち合わせ中も吠えることなく大人しくしている良い子です。

 

 

「快適にお留守番できるスペースをつくってあげたい」

お客様の優しい気持ちにどうお応えするべきか…。

 

 


なんとかしたい、でもどうすればいいかわからない。
いさはやリフォームの解決案は?


 

 

「既製品のサンルームを設置するのはどうだろうか?」

 

最初の案は、ベランダ下の空間を利用して簡易的なサンルームを取り付けることでした。

 

 

▽サンルームのイメージ(LIXIL HPより引用)

 

しかし、サンルームは比較的簡単に工事が出来る一方で、

“暑かったり寒かったり”と、ミツカちゃんの快適さに心配があります。

 

そこで、検討していたサンルーム案を中断し、再スタート。

 


いっそのこと、建物の一部として本格的に増築をしよう!


 

そうと決まれば、さっそく造り方の検討です。

 

お客さまから伺っていた使い方のイメージを元に構造を検討していきます。

 

本格的な増築工事となると、3帖ほどのスペースであっても、

建物全体のバランスに関わるので、お部屋の形が決まった段階で

しっかり構造を確認し、安心して使っていただけるお部屋にしていきます。

 

耐震性がしっかり確認出来たら、いよいよ工事に移ります。

 

 


熟練の大工さんによる“手刻み”工事


 

 

まずは建物にとって重要なコンクリート基礎を造ります。

 

 

▽コンクリートと土台は金物でがっちり固定します。

 

 

 

増築工事は既存建物との接合部分を一つ一つ確認しながら

手作業で加工しなければならないので、多くの知識と経験が必要です。

 

 

近年は柱や土台などの家の骨組みを工場でコンピューター管理された

自動工作機械で加工(プレカット)することが一般的ですが、

今回は諫早建設ベテラン大工さんたちに担当して貰い、

墨付け(寸法を出す作業)から加工までの全てを行って貰いました。

 

 

▽熟練の大工さんによる“手刻み”工事

 

 

大工さんが全ての加工を手作業で行うことを“手刻み”と言います。

 

 

最近では珍しい工事ですので大工さんは「墨付けするのは数年ぶりだから…」と珍しく弱気な発言。

しかし、打合せを兼ねて様子を伺ってみると、何の問題もなさそうにむしろ手刻み加工を楽しんでる様子。

 

 

▽新しい骨組みが組み上がっていきます。

 

 

 

大工さんが段取りよく骨組みをくみ上げていき、

無事に増築部分の形が見えてくると、お客様もホッと一安心。

 

 

内外の仕上げ工事をして、ついにミツカちゃん専用の快適なお部屋が完成!

 

 

これから愛犬ミツカちゃんとご家族皆さまの新しい生活が始まります。

お客さまの優しい気持ちがかたちになって

愛犬ミツカちゃんが安心、快適にお留守番が出来る空間が完成しました。

 

 

 


~ご相談は気軽に~
最適な解決策をみつけます

いさはやリフォームは、「なんとかしたいけど、どうしていいかわからない・・・」という具体的でないお悩みから現場を調査し、解決策に導くご提案型のリフォームを得意としています。

トイレを交換したい、外壁を塗装したいという具体的な話でなくて大丈夫!
家が古くなってきたので気になる箇所が増えてきた、地震が起きるたびに不安になる・・・そんな話で結構です。
相談は無料です。

お電話または、メール(安心メール相談:コチラをクリック)よりご連絡ください


Top