「言ってみるもんだね」が叶うISAHAYAのリフォーム

諫早建設株式会社

電話でのお問い合わせはこちら 042-343-7890

7月, 2022年

我が家の“顔”をリフレッシュ【玄関リフォーム】

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

 

お問合せ内容*

 

お名前*

 

ふりがな*

 

ご住所*

-

 

お電話番号*

- -

 

メールアドレス*


念のためにもう一度

 

諫早建設を知ったきっかけ

 

リフォーム箇所の画像

×

 

お問合せ内容

 

 

建築現場、夏の熱中症対策

 
暑くなってきましたね。
今年の夏は異常。

現場でも体調管理をまず大切に、熱中症対策をしています。
今日はその一部をご紹介します!
専門的なものもあれば、一般でもイイかもと思えるものがあったり、、、ぜひ、ご覧ください。


▼日除けテント(折りたたみ式休憩スペースなど重宝します)



▼叩くと冷える冷却パック(火照ったカラダを冷やして熱中症対策)



▼大型・中型扇風機(特に室内の現場は熱気がこもるんです)



 

 

 

 

 

 


相見積もりってするべき、しないべき!?

 

リフォーム業者を決める基準において
「価格」もとても大事ですよね。

でも、それだけで判断をしてしまうと・・・

 

そこで行うのが「相見積もり」かと思います。
私は、信頼できる業者がまだ、見つかっていない場合は、
「相見積もり」は行って頂くのは良いことだと思っています。

 

例えば外壁塗装の工事など、

ちゃんとした見積もりを数社とれば相場感もわかってきます。

 

100〜200万円の工事の場合、2〜3社話を聞いて、

見積書を作成してもらう。

詳細も聞き、専門的な受け答えをしてくれるかどうか、

それから、合う、合わない、なども大事です。

 

単純な修理の時などはあまり差が出ませんが、

不具合の修理など、

原因を直さないといけないので、

ちゃんとわかっている人かどうかが分かります。

 

比べるのが簡単な時代なので、

相見積もりはいいと思っています。

 

ただ、値段だけではなく、

お見積り提出までのやり取りで、
人から受ける印象も大切にすると、後々も良い工事ができると思います。

 

 

 


騙されないでください

 


会社にこんな電話がかかってきます。

 

「塗装が剥げていると言われた」

「瓦が割れていると言われた」

 

心配なので見に来ていただけませんか?

 

 

行ってみると、ほぼなんともない。

 

 

悪徳業者になると、屋根に登った時に瓦を割ったり、何の問題ないもない多少曲がっているところを、

 

「今すぐ直さないとあぶないですよ」と言って不安を煽る業者もいます。

 

そんな電話がかかってきたら 

“ウチでいつも頼んでいる工務店がいるからいいです”

と言ってください。

 

 

もし、「今、足場があるのでその場で直しますよ」と言われても・・・

その場で決めないで、
他の業者にも見てもらうことが大事です。

 

 

 

 

 

「ちょっとおかしい」と思ったら、声をかけてくださいね

 

塩野です。

 

 

例えば「ドアの調子が悪い」

そう思いながら、無理して使っていたら、丁番までダメになってしまった。まだ使えるからと不具合を抱えたまま使うと、大掛かりな工事になってしまうことも。

 

少しおかしい段階で修理しておけばなんてことなかったのに・・・

 

そこで、

諫早のリピーターさんには、

「ちょっとおかしい」で声がかけていただくようにしています。

 

「ちょっとのことなのに頼んだら悪いのでは?」

 

遠慮はいりません。

状況を教えてもらえれば、

工事の緊急性に応じて、伺えるスケジュールを決めてお伺いさせていただきます。

 

 

 

Top