「言ってみるもんだね」が叶うISAHAYAのリフォーム

諫早建設株式会社

電話でのお問い合わせはこちら 042-343-7890

3月, 2024年

所有者が変わっても

 

 

先日リフォーム済みの中古住宅を購入したお客様からリフォーム工事のお問合せがありました。


「なんでかな?リフォーム済みなのに」
事前に頂いた情報で場所を調べてみると・・・・


「あれ?ここって〇〇さんの家だよ」工事台帳を見てみると

「もう30年になるんだ。手放したんだね」


現地訪問してお客様にお話しを伺うと『これから先、家の事で色々と相談するのに建てた会社が良いかと思って』とのことでした。

購入の際、新築当時の図面が残っていて弊社の事が分かり連絡をくれたそうです。


キッチン収納、宅配ボックス、他、工事依頼をいただきました。


所有者が変わっても自社で手掛けた建物。しっかりとサポートさせていただきます。

 

 

 

最終回:左官職人さんが自宅をリフォームしたら⑩(狭山市)

 

左官職人さんのシリーズ、最終回です。

 

今回のリフォーム工事の仕上げは施主工事だから施主である職人さんの領域。

 

仕上げ工事が終わったと連絡をもらい、現場へ行ってみてお話をしました。

 

「お〜良いですね。麻、入れたんですね」

『楽させてもらったよ』

「相変わらずいい仕事しますね」

『そうか?この辺りがイマイチなんだよ』

と謙遜気味。

「そうですか? まだまだいけますよ、やっぱり現役復帰しましょう」

『そう言ってもらうのは有難いけど歳には勝てないよ。これでお終い』

 

と満足のいく仕事ができたようです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全10回を数えた、左官職人さんの自宅リフォームシリーズ、。

最終回ということで、現場監督として一言お伝えしたいと思います。

・・・ 相変わらず、いい仕事しますね! 

そして、数あるお付き合いの会社の中から弊社に依頼をして頂いてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫とお話し

 

猫がいるお宅の改装リフォームの為、階段の養生をしていたとき、
飼っている猫がトコトコと降りて来て、逃げると思ったら、ちょこんと座ってこちらを見ています。

 


『ここは僕の指定席だよ。何やってるの?』


「君が壁紙で爪研ぎしてボロボロだから張り替えるんだよ」


『えっ!そうなの?』


「そうだよ。だから、もうやったらダメだよ」


『・・・・僕じゃないよ・・・・』


「またやったら怒られちゃうからね」


『・・・・』


こんな会話が成立してたかどうか。

 

 

 

猫を飼っている方は多いと思いますが、クロスの傷や汚れなど気になりますよね。

 

今回使用するのは表面強化タイプのものです。
一般的なクロスよりも引っかきキズに強くなってます。

 

可愛い愛猫も大喜びかも。

 

 

 

宅配ボックス

 

今回は宅配ボックスのおすすめについてです。

 

いまや生活に欠かせない便利な宅配サービス。

でも再配達の増加が大きな社会問題になっていると報道されています。

再配達の削減に有効なのが置き配です。

だけど・・・・

 

『置き配にしたいけど盗難やイタズラが心配』

『在宅中でも仕事や趣味に集中したい』

 

そんなお悩みの方におすすめなのが宅配ボックス。

後付けタイプだと大掛かりな工事は不要です。コンクリートに架台をアンカーで固定したら本体をボルトで連結して終了となります。

 

 

  ▼例えばこんなところ

 

 

  ▼見た目もすっきり、安全です

 

 

便利で安心な宅配ボックスです。
これで気軽に置き配も頼めそうですね。

 

 

 

 

 

左官職人さんが自宅をリフォームしたら⑨(狭山市)

 

木工事が終わりました。

悩みのタネだった階段も大工の田中くんの力作で無事に納まり一安心です!

 

 

職人さんが『あれして、これして』と、こだわっていたのが天井と腰壁の無垢板張りでした。
部屋が広いから、しつこくならずにいい感じに出来上がったいます。

 

 

 

あらわしの予定だった丸太梁は、
一皮剥いたら針穴ぐらいの虫喰い跡が思ってたよりも目立つので
囲うことにしました。

元左官職人さんは、これからが本番で仕上げを全て行います。

 

『どの色でどの模様にするかな』と考え込んでいるけど楽しそう。

2週間後に現場へ行くのが楽しみです!

 

 

 

 

 

子供の成長に合わせて間取り変更(練馬区)

 

7年前に弊社で新築工事をしたお客様からご連絡。
お子さんが成長して生活スタイルが変わったのを機に改装の依頼がありました。

階段との関係でコの字型のような7帖半ほどの子供部屋。

Before

After

 

 

 

奥の2帖には本棚とカウンター(机)を造ってスタディスペースに。
右側の本棚とクローゼットを解体して左側にクローゼットを造ります。
手間は4帖の趣味とベットスペースとして。
持て余していたスペースを逆手にとって使い勝手の良い空間として生まれ変わりました。

 

 

 

 

 

 

Top